株式会社ユニディオ

ABOUT US

私たちについて

代表者ご挨拶

介護サービスの充実より「介護を必要としない健康な体づくり」を支えたい – ユニディオは、代表鈴木が理学療法士としてリハビリを手がけるなかで感じた想いを元に、理学療法士がしっかり役割を果たす新しい仕組みを構築するため2017年に設立されました。

理学療法士は怪我や病気で弱った体をリハビリテーションを通じて可能な限り元の機能に戻すのが主な仕事です。若い世代を中心に10万人以上の有資格者がいますが、コストや場所の確保などの問題により理学療法士が常駐する医療機関には偏りや限界があります。

そこで当社は、医療機関のニーズに応じた理学療法士の人材確保という、アウトソーシングサービスを始めました。これにより、理学療法士がいない医療機関でもリハビリを提供できるようになります。さらに、保険診療ではなくパーソナルトレーニングなら医師が不在でもケアができ、休診日の医療機関を利用することで場所の問題を解決することができます。

医療機関にとっては場所を有効活用でき、理学療法士は活躍できる場が広がるため、患者さんだけでなく誰もが喜ぶ仕組みとなります。

当社では、高齢者医療の現場のみならず、若い世代にもリハビリや理学療法士の存在を広めたいと考えています。たとえば小・中・高等学校のスポーツ部で理学療法士がトレーナーの役割を担うことで、選手のさらなるパフォーマンスアップが望めます。

他にも、シニアの人材会社と連携して、働きたい高齢者をサポートする仕組みについても考えています。当社の取り組みで日本の健康寿命と平均寿命の差を縮める− つまり多くの人が長く健康で過ごせる社会ができると思っています。それにより、日本、そして世界を変えていきたいと考えています。

代表取締役 鈴木将尊

ユニディオについて

名前の由来:ユニディオは①英語のunit、②ギリシャ語のγονίδιο(ゴニディオ)を合わせた造語です。

①unitは、全体を構成する一つの要素、または二人以上で構成される集団を意味します。
健全な生活を送るためにトレーナーとクライアントが、一つの一つの要素(トレーニングなど)を協力しクリアしていく。

②γονίδιο(ゴニディオ)は、遺伝子を意味する言葉です。遺伝子は私たち人間には欠かすことのできない、生物の設計図です。ここでは、本質的、個性という意味もあります。

ロゴの由来

ユニディオのロゴは一人一人の微力が周りに影響し、大きな力となるイメージで作られました。そしてブルーを基調にすることで力強さと優しさを兼ね備え、美しく明るい未来を創造するという気持ちが込められています。

ユニディオの想い

トレーナーとクライアントが共に手を取り合い、個性を尊重し、健康なカラダづくりをし、社会に還元していく。
そして一人では達成できないことでも、同じ志を持つ者たちが協調することで明るい未来を作っていけると確信してこの会社を設立しました。

メッセージ

『カラダづくりを通じて自分らしさを大切に、生きがい溢れる社会を実現する』